先日のWorldwide Developers Conference 2019(WWDC19)でiPad OSが発表されました!

今までiPadはiPhoneと同じOSだったため機械の性能が良いにも関わらず、なかなか力を発揮できず持て余すこともしばしばでしたが、それも今秋に大幅に変わりそうですね!やったー!!

僕はiPad Pro2018の12.9インチを持ってるので楽しみで楽しみでたまりません!

ではさっそくiPad OSとはなんだを紹介していきたいと思います!


Safariがデスクトップクラスに

apple
from apple

○デスクトップクラスの閲覧

デスクトップ版のウェブサイトが自動表示される。タッチ入力用に自動的に最適化されたwebサイトのデスクトップバージョン


○Google Docs,Squarespace,Wordpressなどのwebアプリが使用可能に


○ダウンロードマネージャ搭載

apple
from apple

○タブ管理機能の強化


○ショートカット強化

30種類の新しいキーボードショートカットが追加


テキストの操作に新ジェスチャー

○カスタムフォントが使用可能に

apple
from apple

カスタムフォントはApp Storeで購入可能で各文章で使用可能


○テキストの編集ジェスチャ

apple
from apple

スワイプでテキストを選択、3本指ピンチでコピペ・3本指スワイプで入力取り消しなど

Side Car

engaget
from engaget

○サブディスプレイ&液タブ

iPadをセカンドモニタとして使ったり、液タブのようにMacアプリの高精度な入力デバイスとして利用でき、Apple Pencilと組み合わせた使い方もできそう。Macとはワイヤレスで接続可能

マウス対応

LightningまたはUSB-Cに接続されたマウスと連動して使うことができ、Appleのトラックパッドも対応。一般のユーザー向けというよりはAssistive touchで有効にすることで使える補助的な機能。

Slide Over/Split Viewの進化

apple
from apple

Slide Overで表示されているアプリを画面下から上へスワイプするだけで切り替えられるようになる


○同じアプリでのsplit viewが可能に

同じアプリを一つの画面でいくつもマルチタスクで表示できる。文章作成などで他のメモを見ながらのタイピングが可能に


○Dockのアイコンタップでそのアプリで開いている全ウィンドウを確認可能


Apple Pencil機能の充実

apple
from apple

○伝達速度の大幅スピードアップ

20ミリ秒から9ミリ秒にアップグレードされる。これはもう本当に紙に書いているのと変わらなくなりますよ!


○画面の左下から上にスワイプするとスクリーンショットが撮れる

ファイルアプリが進化

apple
from apple

○コラム表示

プレビューとクイックアクションメタデータ表示


○iCloudフォルダのシェア


○外付HDD/SDカード認識

apple
from apple

カメラから直接Lightroomに写真を取り込めるようになるため、時短とデータの節約になる。


○外からデータアクセスが可能に


その他

○全体のパフォーマンス向上

Face IDの反応速度が向上する※Pro(第3世代)のみ


○アプリのサイズ軽減化

新しいパッケージング方法によってAppStoreのiPadアプリは、ダウンロードサイズが50%、アップデートサイズが最大60%軽減される。これによりアプリの起動速度が最大2倍高速化されるようです。


○ウィジットをホーム画面に固定できる

apple
from apple

ホーム画面から右にスワイプすると表示できるウィジェットを、ホーム画面に固定表示できるようになる


○ホーム画面に置けるアプリ数の増加


○全画面スクリーンショットが撮れるように


○Dark Modeを搭載

apple
from apple

○リマインダーなど純正アプリの進化


今、Apple Beta Software Programパブリックベータ版が配布されていますが、普段メインとして使っているデバイスへのインストールはオススメできません。

パブリックベータ版のため、動作はかなり不安定でデバイスが強制終了したり、アプリやシステムがまともに動作しなくなってしまう可能性もあるのでインストールする際は十分気をつけてお試しください!

#

2019-07-04

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。